京都福祉サービス協会

京都福祉サービス協会とは

  1. HOME
  2. 京都福祉サービス協会について
  3. 京都福祉サービス協会とは
京都福祉サービス協会のシンボルマーク
京都福祉サービス協会のシンボルマークは、
福祉(Welfare)の頭文字Wと、
人と人とが手を取り助け合う姿を表しています。

京都市における福祉サービスのけん引者として

1986(昭和61)年、在宅の高齢者や障害のある方にホームヘルプサービスを提供する団体として、法人の前身である「京都ホームヘルプサービス協議会」が発足しました。
その後、増加する福祉ニーズに応えるため、1993(平成5)年には京都市の出資(出えん)を得て、社会福祉法人京都福祉サービス協会として認可を受け、今日に至っています。
現在、特別養護老人ホーム、デイサービス、訪問介護事業等、100事業(指定事業所数)を超える介護サービスの運営や介護職員養成研修事業を行い、全国でも有数の事業規模(介護事業所数では京都市内最大規模)に発展し、障害のある方へのサービス提供や児童館の運営まで、幅広い福祉分野でサービスを展開しています。
これからも、京都市における福祉サービスのけん引者としての自覚と自負を持ち、質の高いサービス提供や公益的な取組により、その社会的使命を果たしてまいります。

社会福祉法人京都福祉サービス協会定款

京都福祉サービス協会の提供するサービスの特徴

1
高齢の方、障害のある方、児童など幅広いご利用者の方に福祉サービスを提供しています。

介護・福祉サービス 介護・福祉サービスを探す

2
介護サービスでは、在宅でのサービスから入居施設の運営まで、市内全域で幅広くサービスを展開しています。

事業所案内 事業所のご案内

3
介護職員の養成研修事業も行い、人材育成を重視し、質の高いサービス提供を目指しています。

各種研修・講座情報 研修・講座情報